どうして貯金が増えないの?消費、浪費、投資を理解して資産を増やそう

収入があるのになぜかお金が貯まらない…そんな人は意外と多いのではないでしょうか。一方、アルバイトだけなのにいつの間にか貯金が増えているという人も。実は、「消費」「浪費」「投資」の3つの支出を理解するだけで、お金が貯まりやすくなると言われています。そこで3つの支出の特徴と、節約と投資の使い分けについてまとめてみました。

【貯金を増やす①】お金の支出は主に3種類!消費、浪費、投資

日々の生活のなかでお金を支払うことがたびたびあります。ただ、支出とひとことで言っても、その性質には根本的な違いがあります。

消費は日々の生活に必要な支出

消費は、生きていくために必要な支出。食費、家賃、水道代、光熱費など、生活のために支払うお金です。日用品、洋服、基本的な家具や家電の購入もここ。インターネットや電話などの通信費も生活を支える消費に区分できるでしょう。

必要性がない無駄な支出が浪費

無駄な出費が浪費。買ったのにいつまでも使わない…それは確実に浪費にあたります。消費に該当する支出も、必要以上にふくれあがると浪費に変化。必要以上に贅沢な食事や商品の購入、無計画な衝動買い、パチンコや賭け事のための支出もここに該当します。

投資は将来のリターン見込みの支出

投資は将来的なリターンを見込んだ支出。投資運用の資金、スキルやキャリアアップのための費用もここ。また、異業種交流などの飲食代、服やメイクなどの支出も、人脈や事業の拡大につながることを期待する、一種の投資と考えることができます。

【貯金を増やす②】消費の節約は契約内容のチェックが最適

消費を節約するためには、日々の生活のなかで不要な支出がないか、細かくチェックすることが大切。日ごろの買い物の仕方にくわえ、生活に関わる各種契約を見直すことも一案です。

スマホの契約内容の見直し

月々の支出として意外とかさんでいるのがスマホ。不要なオプションは、月々数百円の支払いであっても、長期的にみるとそれなりの金額になるものです。使わないオプションは思い切って解約することも一案。格安スマホに切りかえることも選択肢のひとつになります。

電力会社を比較・検討

現在は自由化が進んだこともあり、電力会社の選択肢がかなり増えました。基本料金、ガスとのセット割、キャンペーンの有無などで、支払う電気料金が大きく変化。使用人数や頻度により、お買い得にする方法が異なります。ぜひ電力会社のプランを比較してみましょう。

コンビニの利用回数を減らす

ついつい立ち寄ってしまうのがコンビニ。便利であることは確かですが、あまり多用すると支出オーバーになる傾向が。コンビニで売られている商品は全体的に割高です。節約を試みるなら、スーパーやドラックストアに足を運ぶように心がけましょう。

【貯金を増やす③】浪費は出費の原因を探ることから開始

消費は、支出を必要最低限にすることで節約効果があらわれます。一方、浪費の場合、不要な支出がどうして生まれているのか探ることからスタートです。

現金かクレジットカードか

浪費の一因となるのが支払い方法。現金とクレジットカードのどちらがいいのかは人それぞれ。大量の現金で浪費が誘発される人もいれば、クレジットカードで無計画な購入をしてしまう人も。自分の購入履歴から、浪費につながりやすい支払いパターンを見定めましょう。

ストレス発散で衝動買いをしていないか

仕事や生活のストレスから不要な商品を衝動買いしていることも。そんなときはストレスの原因を取り払うことが先決です。望ましい支出となるのがセルフケア。例えば、のんびり旅行を楽しむ、おいしいものを食べる、友人と遊ぶなど。浪費を投資に変換できます。

安物買いの銭失いになっていないか

安い商品を買う=節約とは限りません。いくら安いものであっても、それらを大量に購入するとかなりの金額になります。また、購入の理由が「価格の安さ」である場合、よくよく考えたら不要だったという確率大。単なる衝動買いになる可能性があるので要注意です。

【貯金を増やす④】投資は節約とセットにして考える

消費、浪費に続くのが投資。投資は、将来的なリターンを目的とする支出ですが、元本割れする可能性有。無計画に行うとギャンブルに類する浪費になる危険性があります。

節約による剰余金を投資に回す意識を

何かに投資をする場合、まずは基本的な節約を実践。そのうえで、余剰金を使って投資をするようにしましょう。リターンがあることを前提に投資をすると、回収できなかったときにダメージが発生。どのような形の投資でも、ある程度のゆとりを持つことが大切です。

長期的な視野で投資のプランを立てる

投資をする際は、すぐにリターンを得ることを期待するのではなく、長期的な視野を持つことがポイント。株に投資するにせよ、自分に投資するにせよ、結果が出るまでには時間がかかります。すぐに回収しようとする投資は、ギャンブルに近いと考えた方がいいでしょう。

投資のトレンドに乗っかるのはNG

くわえて注意したいのはトレンドに乗っかる投資。とくに投資の初心者が陥りがちなものです。テレビなどで「今、こんな投資が熱い!」と聞いて、知識もなく商品を購入する人も多いのでは。トレンドの良し悪しではなく、知識をある程度もつことが重要になります。

まとめ

お金がたまらない…という人は、日ごろの生活における支出をチェック。消費の抑えられる分を抑え、意味のない浪費をなくすようにします。そのうえで、自分のスキルやキャリアアップになる、将来的に資産を増やせる、そんな可能性に投資してみるといいのではないでしょうか。